2戦連続フル出場の小林悠、代表初ゴールに安堵「交代の時に何度自分と思ったことか…」

youduoadmin | ニュース | ,

「今日は自分の日じゃないと思っていた」

12日に行われたEAFF E-1サッカー選手権第2戦の中国代表との一戦で貴重な先制ゴールを決めた川崎フロンターレの小林悠が試合後にそう口にした。

2試合連続フルで出場したものの「体はメチャきつくてシュートも最後まで入らなかった。交代の時に何度自分かなと思ったことか…」と焦りを感じつつも、終盤に値千金の先制弾。「最後まで(監督が)信じて使ってくれたんで、感謝したいです」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督へ感謝の言葉を述べた。

難しい体勢と角度から押し込んだゴールを「感覚で決めた」と語る小林。代表初ゴールに「ホッとしました。やっと決められた」と安堵の表情を浮かべた。

「自分はなるべく前で体を張って、ボール収めたり、ヘディングで競り合ったりすることはできていた。でも、なかなかゴール決まらなかったので、今日は自分の日じゃないと思っていたんですけど、何とか最後決められて良かったです」

中国に勝利した日本はこれで2連勝。首位の座を守っている。最終戦は1勝1分で2位につける韓国との一戦。2大会ぶりの優勝へ向けて小林も意気込んでいる。

「国内組だけですけど、今はすごくチームに一体感がありますし、最後でしっかり勝って終われればいいかなと思います。今日もチャンスを多く作れたので、次もしっかり決めたいです」